カルビープラス限定の『えびせんショコラ』を食す

SPONSORED LINK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

kappaebisen_choco01
今回は、カルビープラスで買ったかっぱえびせんの「えびせん ショコラ」を食べてみました。
前回、ガーナかっぱえびせんを食べて、チョコ&かっぱえびせんの味はあまり良いイメージがなく、大して期待もせずにカルビープラス限定ということだけで買ったのでした。
がしかし、食べた印象はかなり違うモノだったのです。

kappaebisen_choco02
まずは外箱。ロイズのチョコを使っているそうですが、コラボ商品というワケじゃないらしい。

kappaebisen_choco03
中身は全部で6袋入っていて、1箱750円と結構なお値段です。

kappaebisen_choco04

開けてみると、やはりチョコの香りが広がります。
kappaebisen_choco05
えびせんショコラ自体はこんな感じでした。

ガーナかっぱえびせんを食べた時を思い出してみると、チョコのコーティング量が明らかに違います。ガーナの方はもっと厚めにコーティングがされていて、チョコを強く押し出した感じでした。

一方、ショコラの方は溝のあたりにえびせんの地肌が見えている部分もあるくらい、チョコの量は抑えめな感じです。

食べたみると、ガーナかっぱえびせんとはとは明らかに違います。チョコのコーティングが薄いせいか、チョコを塗ったくられたものとは違い、ライトな感じでえびせん感覚が失われていません。それでいてチョコの風味はしっかり感じられます。味は、チョコの甘みと塩味のバランスが良く美味しいと思いました。
しかもボクが一番驚いたのは、ガーナの時に感じた「えびが邪魔」という感じがしなかったことです。これはボクの想像ですが、カルビーはこのショコラ用にえびの風味を抑えたかっぱえびせんを使用しているのだろうと思います。適度なえびの風味は残されているので、全体的に良くまとまったチョコ味のかっぱえびせんになっていて美味しかったです。

ロッテはかっぱえびせんに、ただチョコをぶっかけて出しただけなんじゃ?と思っちゃうくらい、カルビーのえびせんショコラはしっかり考えられ、うまくまとめられた美味しいお菓子だと思いました。

 

SPONSORED LINK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comments are closed.

Post Navigation